#135 目標は誰との約束でもなく、自分自身との約束〜2022年の目標〜

こんにちは。永田です!

そして2022年になりましたね。

いつも読んでくださりありがとうございます。

 

読んでくれる方がいるからこそブログを書き続けることができています。

 

そんなことで今回のテーマは2022年は何を達成しますか? というテーマにしたいと思います。

去年も年初めのブログに目標を書きました。

誰も覚えていなくても僕自身が覚えていて、言ったからには精神の元書き記したことは全て達成することができました。

 

と言うことで今年も誰が覚えていなくても人知れず書き記して目標達成作戦で行かせていただきます。

スポンサーリンク





AGELCAのインスタグラムを稼働させる

年末くらいからAGELCAのインスタグラムを頑張ろうと動いてきました。

というのも開業当初からインスタグラムは開設していたのですが、何を投稿することなく一年半経過してしまいました。

 

投稿数50…。

開設してから450日くらい経過して50です。

分かりやすくインスタグラムで挫折したおじさんです笑

 

僕は常々お客さんや選手に具体的な方法を示しなさいと指導しています。

「インスタグラムを稼働させる」

 

ここから具体的にどうするか決めなくてはなりません。

・有益な情報を発信する(まだ抽象的…)

→動作のポイントやよくあるエラー動作などの解説(ようやく具体的になりました)

→動画、画像の画面にテキストを入れる(具体的です)

 

・1枚の写真で簡潔に分かりやすく(抽象的です)

→レイアウトで比較写真を作る(具体的です)

→素人が見ても分かりやすいよう罫線を利用する(具体的です)

 

・週に2回は投稿する(具体的です)

 

こんな感じで一言で稼働させると言ってもどうやっての部分が大事になってきます。

いやいやそんなもん知ってるわ! と言うかも知れませんがこれをやるのが難しいんです。

 

すでにこんな目標書かなきゃ良かったと軽く後悔していますが、インスタを開設することが目的なのであれば、開設当初に達成しています。

 

しかし、インスタを使って何がしたいのかが大事です。

ただ皆んなが使ってるからとりあえず開設した。だと、全くもって無駄です。

 

分かりやすいトレーニングの注意点や、トレーニングレパートリーなどを紹介していこうかなと思います。

それをアウトプットすることは僕自身の糧となります。

 

ですので気になった方はフォローいただけると嬉しいです。

 

AGELCAインスタアカウント

 

僕が目標を続けているのかを見張っていただけると尚嬉しいです笑

一人では頑張れません笑


試合で5m00を跳ぶ

一言で言うならば試合に出たいんです。

2020年と2021年はコロナの影響で試合に出れませんでした。

 

そこで気づいたことは試合が無いと練習をしないんです。

テストもないのに勉強できないのと同じです。

…いや、しなくても良いんだけどね笑

 

なんかそれだと身体が気持ち悪いというより魂が気持ち悪い。

 

何か目標がないと練習をしなくても良いので一気に甘えた2年間となってしまいました。

そして体づくりもせずフラッと競技場に行った時に練習してしまうもんだからすぐに肉離れをしました。

 

この2年で3回はやったと思います。

 

 出典:鳥山明「ドラゴンボール」より

 

練習をしないということは自分の体の状態を把握していないので怪我もしやすくなるのは当たり前です。

 

ですので、今年は試合を探して目標を立て試合で5m00を跳ぶよう頑張りたいと思います。

ちなみに5m00は15.7フィートの165ポンドあたりが使えれば跳べるのではないかと思っています。

 

つまりそのポールを使えるようになるために具体的な逆算や必要な能力を見極めていこうと思います。

まずは練習を再開し自分の身体の状態を知るところから始めようと思います。

 

そして具体的に決めなくてはいけないことは2月いっぱいまでウェイトトレーニングをを週2回、ランメニューを週1回入れることとします。

 

そして「明日で良いか」は月に2回までください。お願いします笑


自分の記録を越える選手を1人以上出す

コーチとして今年は目標を立てようと思います。

 

今までコーチとして目標というものがピンときませんでした。

頑張っているのは選手で行っているのも選手です。

 

ですが最近色々と考えるようになり、コーチとして何をすれば責務を全うできるのか。

 

それは永田が持つ記録を越えてもらうこと。

 

そう思えるようになりました。

 

今までは心のどこかで自分の記録は超えられたくない気持ちがありました。

しかしそれでは棒高跳界の発展とは逆張りしているため指導者として矛盾が生じてしまいます。

 

今や僕の持つ5m40は日本選手権でも下位入賞にまでなってきました。

  出典:鳥山明「ドラゴンボール」より

 

もちろん複雑な気持ちはありますが、それを心が抑制してしまうと日本選手権で表彰台には一生かけても届きません。

 

ならば一人でも多くの選手が僕の記録を一刻も早く越え、5m50や5m60、更に高く競技力を上げていかないと世界には届きません。

 

幸い去年は奥選手が5m41と僕の記録より1cm高い記録を跳んでくれました。

 

今年はそういった選手をもう一人出して次のステージへサポートすること。

 

欲を言えばその選手が来間選手を突き上げてほしいし、来間選手を越えてくれるのであればそれはそれで喜ばしいことです。

もちろん彼には最大限のサポートをします。

 

その上で切磋琢磨できる環境と関係を築くことが僕の責務だと思っています。


最後に

以上の3つを目標に掲げ2022年を過ごしていきたいと思います。

年末に誰も覚えていないのは分かっています。

 

誰と約束するわけではありません。

僕にとって自分が覚えていて、達成できていないということが何よりも気持ち悪いことです。

 

そのためにブログを利用していますが、如何せん僕も怠け者ですので出来ないこともありますが、書いた以上努力をしていきます。

 

皆さんも自分の退路を断つために誰が見ている訳でもないけど、目標をSNSのどこかに発信しておくことをお勧めします笑

発信したのなら消しちゃダメです笑

 

達成することが大事なのではなく、どうやったら達成できるだろうかと考えることが大事です!

その何かを変化させたり、現状を打破するということは、計画、見通し、行動、結果の積み重ねだと思います。

 

以上今年もながたのブログ含め永田をよろしくお願いします。

 

とりあえず筋トレは明日で良いか。

 

ではまた次回っ

関連:2021年の目標は全て達成できた話

 

更新情報はTwitterです。

フォロー頂けると嬉しいです。

 

AGELCA公式ライン

友達登録頂けると嬉しいです。

友だち追加

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA