#79 瞑想を初めて体験しました〜雑念と煩悩って湧き水のようだった①〜

こんにちは。永田です!

 

先日来間選手の企業の社長さんにお誘いいただき瞑想に行ってきました。

 

本格的な先生にレクチャーいただいての瞑想でしたので半端なものではなかったと思います。

 

一言で言うならば永田は雑念だらけであった。

その時の内容を書きたいと思います。

スポンサーリンク





3角形にとにかく集中

瞑想には沢山の種類があるみたいなのですが、僕らが行ったものはヴィパッサナーという方法。

 

「ものごとをありのままに見る」という意味のヴィパッサナーは、インドの最も古い瞑想法のひとつです。この瞑想法は2500年以上も昔、インドで、人間すべてに共通する病のための普遍的な治療法、すなわち「生きる技」として指導されました。

日本ヴィパッサナー協会より引用

 

ブッダも取り入れていた瞑想みたいでますます本格的だ。

 

やり方はとてもシンプルで、呼吸を意識しながら鼻の2辺と上唇の底辺の3角形にとにかく集中し、雑念が入ってきたら意識を鼻戻し集中するという物。

 

姿勢はどのような姿勢でも結構とのことだったのであぐらでも良いし正座でも良い。

とにかく3角形に集中すること。

 

一通りのレクチャーを受けたのち先ず練習で2分間ほど3角形に集中しましょう。となったのだが永田はもぅなんてゆーか混乱していた。

 

目をつぶって2分間で鼻に集中できた時間はどれほどだっただろうか。ほぼ皆無。

 

永田さん。いかがでしたか?

 

ちゃんとやりたいんだけどさ。もー何が正解? って感じで。

「鼻に集中しようとすればするほど何が正解なのか分からなくて困りました。結果的に鼻のことは考えられずに終わってしまった感じです。」

 

それで良いんですよ正解なんてありませんから。

 

(あれ? これいつも永田がみんなに言ってる言葉だ。そーか正解ないなら、もう集中出来なかったも正解なわけだ。なるほど)

 

来間くんはどうでしたか?

「なんか鼻の穴に脈があってドクドクしている感じがあったんですけど、それもほんの数秒で意識はすぐに飛んでいってしまいます」

 

(なんかソレっぽいこと言ってやがる…)

 

「2人とも筋が良いです。最初から出来ていないことをしっかり理解しフィードバックできるのは筋が良いです。出来ていない人ほど集中できました! と言いますから」

 

なるほどすぎる! 瞑想深い! もう考え方が好きだ。

 

では今からソレを踏まえて1時間やりましょう。

 

(1時間…。1時間自分の鼻と上唇だけに集中って。)

 

ここからが本当の戦いだった。


雑念と煩悩しか出てこない

先程の方法でついに始まった瞑想。

とにかく3角形に集中…したいのだがそうも簡単にはいかない。

 

音だ。音がむっちゃ邪魔してくる。

ガチャン。カーンカーン。

と外の工事が聞こえてくる。

(何を作っているのだろうか。…いやいやいかん。鼻だ鼻に集中。)

 

Rrrrrr…Rrrrrr…Rrrrrr…Rrrrrr…Rrrrrr…

どこかの部屋で電話が鳴ってる。

(早く電話に出なさい。3コール以内とか習うでしょ。いやいやいかん。鼻だ鼻に集中)

 

そぉだ聴覚に訴えかけてくるものが鼻から意識を逸らしてくる。

そんな時はわざと鼻息を荒くしたりして強制的に鼻に意識を持ってくると良いですよ。と事前にレクチャー頂いていたのでソレを実践した。

 

するとたしかに戻ってこれる。

しばらく鼻の意識だけをしていると両方の鼻の穴の空気の出方が違う気がしてきた。

それにさっきは右が通っていたのに今は左が通ってるとか。

 

普段気が付かないことに気がついた感じだ。

 

しかしそんな感覚もすぐに飛んでいき、昨日オンラインで話した友達の会話を思い出したりしちゃう。

 

(なにか新しい事業みたいなの始めたいなー。自分らしさって何だろうか。あーいかんいかん鼻鼻)

 

(あのお客さんのサポート内容をそろそろ変えるとこんな結果に繋がりそうだなー。うわ鼻すぐ忘れる)

 

(なんか座りすぎて尻が痛くなってきたぞ。ちょっと足崩すか、てか今どれくらいの時間が経ったんだろう。それよりもそろそろお昼時だしお昼ご飯何食べようか。

 

そーいえば今日は関東インカレだったな。順大も、総合優勝狙えそうだから頑張ってほしいよなー。

 

にしても早くハムストリング治ってほしいよなー。いつぐらいから永田は走れるんだろうか。

肉離れした話

 

そーいえばさっき駅前にメイド喫茶の看板があったなー。メイドトレーニングジムとかもあるし皆んなメイドが好きなんかー。メイドよりもイカしたねーちゃんの方が良いけどなー。

 

てかこの体験もブログに書けるよなー。なんて書こうかなー。

 

しかし瞑想って凄いこと考える人もいるもんだよなー。人間だいたい8:2で8は平凡って言うからこれも60分のうち12分鼻のことに集中できればきっと良い方なんだろーなーってそうだよ。鼻だよ鼻。もーすぐ意識が逸らされるわ。)

 

と、もう直ぐに意識は全然違う方に飛ばされる。

そんな中でも数分は鼻に向き合うことができる時間もあった。

 

鼻の2辺がむず痒いというかなんかモジモジする感覚も生まれたり、鼻の付け根に光を感じ目の奥が明るくなっている感覚があったり、そんな時間もあった。

 

そして最終的に、僕の鼻は取れて桃のように右側に流れていった。

(なんだこの感覚はー! これが瞑想の真髄か!)

 

と思ったのだが後に先生に聞いたら、一定の箇所がモジモジしたり光を感じる人はいるけど、鼻が取れて右に流れた人は初めてですと笑われた…笑

 

とまぁ鼻に集中出来ている時間なんて僅か数分。

後半はどうしたら楽な姿勢を取れるかがむっちゃ邪魔してくる。

足が痺れたり腰が疲れたり。

 

とにかく1時間は長かった。

終わった後はもーなんてゆーか全然出来なかったし、雑念だらけだったことを思い知らされた。

メイドトレーニングジムってなんだよ。

 

ということで、今回は実践中の内容を書きました。

 

次回は先生のフィードバックや来間選手の体験感想を書いていこうと思います。

 

ではまた次回っ
更新情報はTwitterです。

フォロー頂けると嬉しいです。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA