#63 みんな「株式会社自分」の社長。ジャンクな栄養や休養なしで無給で細胞たちを働かせていませんか?

こんにちは。永田です!

 

みなさんは自身の身体を労っていますか?

 

仕事や運動ばかり頑張って、栄養価の高いものを食べたり時には筋肉をほぐしたりしていますか?

 

ドキーーーってなってる人いるんじゃない?

 

何が言いたいかというと、身体は多くの細胞でできており、あなたが寝ている時もスマホでゲームをしている時も、テレビ見て笑ってる時もトレーニングをしている最中も24時間体制でいそいそと働き続けています。

 

あなたが生命を宿った瞬間から今日まで心臓も筋肉も肺も肝臓も。

そう、あなたはスーパーブラック企業の社長です。

 

そんな社長のために毎日働いている従業員たちを労っていますか?

 

というお話です。
スポンサーリンク





はたらく細胞

みんな知ってる? この漫画。

はたらく細胞。

 出典:清水茜「はたらく細胞」より

 

体の細胞たちを擬人化して体内で何が起きているのか漫画で表現してるんだけどさ。

 

…このアイディアな。永田は2013年にはずっと頭にあったんだよなぁ。

 

漫画になった時はマジか。やられた! って思った。

この発想に漫画が加わったらビジネスになるんだもんなぁ。なるほどなぁ。

 

とまぁそんなことはさておき、みんな細胞に給料払ってますか?

 

今日もトレーニング頑張ったぜ! くぅー筋肉痛が待ち遠しいぜ! とか

嫌なことは酒飲んで忘れようぜ〜! とか

フィナンシェにマカロン。甘いもん幸せ〜! とか

 

ってそれ社長の、あなたは幸せかもしれない。

その間、筋細胞や肝臓や膵臓、血管で何が起きているのか。

 

おい! また社長が暴れて筋損傷が始まってるぞ! 酸素運べー! 早くー!

タンパク質と糖が足りなーい! 誰か持って来てー!

 

社長今日もアルコールかよ? マジで肝臓の現場で何が起きてるか理解してなーよな!

 

また糖が入って来たぞ〜インシュリン出しとけ〜。とりあえず余るから脂肪細胞に変換しとけ〜。この溜まりに溜まった脂肪細胞を社長はどうする気なんだろうかねぇ。

 

って従業員達は口々揃えて毎日働いている。

 

 出典:清水茜「はたらく細胞black」より

見えないからこそ分からないし社長も自分が大丈夫だからブラック企業を経営していると思っていない。

 

そしてそのうち経営システムは崩壊し社長はケガや病気にかかってしまったりする。

 

そうなる前に今一度、従業員に報酬や休暇を与え方を考えよう。


経営方針は合っていますか?

人の健康は運動、栄養、休養だ。

はっきり言ってどれも難しい。

 

ラーメン、餃子、チャーハンくらい楽なら良いんだが。

 

経営方針とはいわゆる人生設計だ。

どのように過ごせたら幸せだろうか。

 

僕は健康は絶対に外せないと思っている。健康はマスト

お金よりも健康!

 

運動について厚生労働省は「1日1万歩」を理想としており平成9年の資料だが男性が8200歩、女性が7280歩となっている。

 

今は時代が進み便利になっていることや在宅ワークもあり更に減っているのではなかろうか。

 

1万歩って多分僕でも難しい。

家から駅、駅から店舗を往復だけだと絶対足りない。

となると意識的に歩かなくては1万歩は難しい。

 

歩いて関節に刺激を入れることは筋力面や体力面において重要だ。

体力が落ちたら生活の豊かさ、旅行にいけない。とか孫と遊べない。とか色々選択肢に制限がかかってしまう。

せっかく生きているのにもったいない。

 

栄養については、トレーナー指導をしている肌感覚で話しますが栄養に関する情報が氾濫しているためほとんどの人が情報に惑わされ偏った栄養を摂取している。

糖質offや糖類0などキャッチーな言葉で買ってもらうように企業も努力してる。

 

別に企業が悪いとかじゃなくて、人々は明確な答えが欲しいから良いとされているものに集まってしまうのも理解できる。

そして極力簡単で考えなくても良いようなものを好んでしまう。

そこに企業は漬け込んでくる。

 

医者やトレーナーがいう「バランスの良い食事」と世間で考えられている「バランスの良い食事」は随分と意味が離れている気もしている。

 

お客さんの食事指導するときに栄養の考え方を間違っている人が多いのも事実。

習っているわけじゃないから仕方がない。

栄養学だって学問なんだから。

 

身体を動かすのも食べたもののエネルギーから、身体を構成しているのも食べたものの栄養素から。

 

偏った栄養ということは細胞達も偏って働いている。

 

アルコールで肝臓ばかり働けばそりゃ肝臓も鬱になるでしょ。

喫煙すれば肺は炎症起こしてそりゃ肺も鬱になるでしょ。

糖質ばかり取れば膵臓はバカになっても仕方ない。

 

ということは休養が必要になってくる。

僕はアルコールも喫煙もないから普通の勤務スケジュールだと思うが、筋繊維達はどうだろうか。

むっちゃ働かせてる。

もうスーパーブラック企業やっちゃってる。

 

時間外労働ばんざい! 有給返上ばんざい!

社長ー! もう筋繊維切れてるから勘弁してーブチブチブチっ

出っ血ぅぅーーー!

こっち酸素が足りないー! なんか社長暴れすぎて酸欠になってるー!

 

 出典:清水茜「はたらく細胞black」より

 

そうだ、僕は筋繊維作っては破壊してる。

ただ頑張った分だけタンパク質やアミノ酸を摂取するようにしている。(足りない日もあるが…)

週に一回はメンテナンスで治療も入れている。(これも自分でやれない時もあるが…)

 

要は給料みたいなもんだ。

 

みんなどう? 24時間働いていて給料入ってこなかったら。

そりゃ壊れるよな。鬱になってもおかしくない。

 

社長! 経営方針はそれで良いんですか!


最後に

ここまで全て難しい事だってことは重々承知している。

やれないのも理解してる。

 

まず自分の労働環境が! とかも分かる。

僕も会社に勤めていたときは毎日ではないが23時30分に改札を出て、翌7時10分に改札に入っていた。

そしてガタゴトガタゴトと電車で運ばれて…。

 

でも細胞はどうだ? 24時間365日勤務。

社長に何一つ文句わずに業務を淡々とこなしている。

 

赤血球は常に酸素を運んでいる。

白血球は異物を感知し殺しにいく。

血小板はカサブタで止血をしてくれる。

脂肪細胞は社長が動き出すまで待機。

 

健康こそ人生を豊かにする手段だ。

だからトレーナーとして少しでもサポートできる人はしたいと思っています。

 

横で程よく励ますのでトレーニングしてみたい方はご連絡ください。

AGELCA 店舗情報

健康は最高の自己投資だよって

 

さぁ! 永田の筋細胞達よ! 時間外労働の時間だ!

褒美? 栄養で手を打とうじゃないか!

 

ではまた次回っ

更新情報はTwitterです。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA