#14 人生ポケモン論④ 〜進化していますか?〜

こんにちは永田です。

 

まだポケモンやんのか! と思っていますね。

やりますよ。僕が楽しいので笑

 

 

今回は進化について。

 

 

ポケモンには進化システムがあり、飛躍的に能力が上がったり、デザインが変わったりします。

全ての男子のテンションが上がるシステムを作り上げた製作者さんには脱帽です笑

 

 

この進化システムには色んな条件があります。

・レベルが上がれば進化するもの

・道具を使って進化するもの

・友人と交換する事により進化するもの

・一段階進化できるもの

・二段階進化できるもの

・進化しないもの

 

(僕が知ってる時代のものはこれだけでした。最近のは知りません。)

 

 

さて、ここまでで何が言いたいのか。

 

 

もちろん人間に進化システムはありませんが、僕が生きてきて成長する上で、閃くタイミングはたくさんありました。

 

あなたは何回、閃きましたか?

 


年齢により進化する事

人間年齢を重ねれば立場が変わります。

 

小学生、中学生から社会人や部長や課長。

安易にこれを進化というつもりはありませんがポケモンも丁度良いレベルに進化システムが組み込まれています。

 

16レベルや20レベル。

高校生になったタイミングや成人式を迎えたタイミングですね。

 

これはなんの捻りもありませんね。

 

 僕が伝えたいのは何回進化過程を踏めるのかです。

 

 

なぜポケモンには一回しか進化できないものと二回進化できるものがいるのか。

中には1回も進化できないやつもいます。

 

もちろんゲームバランスは取れているので問題ないのかもしれませんが。

 

 

人間にも当てはまる! 何てことは言い切りませんが、少なからず傾向はあると思います。

 

久しぶりに会った友人と話したりした時に価値観が全然合わなくなることはたくさんありました。

正直に言うと楽しくないんですよね。

 

おまえ、変わってないじゃん。

 

それこそ、その年齢で「あわ」使ってるの? もっと強い技あるよ。

と教えますがレベルが至っていないので覚えられません。

 

 

偉そうな事を言ってるんじゃないよ! と思うかもしれませんが、なるべく僕はリアルに書いていきたいと思っています。

 

 

僕が経験してきた事で人間力を実感したことは、千葉の田舎でトレーナーをしていた時から、代官山に変わった時に沢山の経営者の方に経験値を与えてもらい何回も考えさせられ何回も閃きをいただけたからだと思っています。

 

 

それこそコラッタ(永田)がカイリュー(クライアント様)と対峙してるようなもんでした…。

失敗だってたくさんありました。

おいおいエピソードは書いていきたいと思います。

 

 

ですので人間も思考や熟考をする事により閃く回数が増え、進化過程が何回も訪れると思っています。

 

 

思考停止や思考放棄した時点で進化はしません。

 

 

一度も進化できないポケモンはシステムとしても面白みにかけますよね。

 

僕は現在32歳。 なんかポケモンだと進化しそうな年齢になっています笑

というか体の周りから蒸気が出始めてもおかしくないと思っています笑

 


通信機能で進化する事

これも非常にあるあるだと思うんですけど。

人間で言うならば環境の変化で化ける人。

 

言うなればコーチが変わったら成績が復調した選手や、所属しているジム(トレーナー)を変えたらダイエットが成功したとか。

 

これ本当によくある。

 

通信で送り出した側からしたら悲しいですよね笑

 

 

俺のゴーストをなんでお前に渡さないと進化できないんだよー。

なんて日が懐かしいですんね。

 

 

当時ワイヤレスじゃなかったので通信ケーブルを使っていましたね笑

通信ケーブル持ってるやつはみんなの人気者でした笑

 

    先程の話じゃありませんが、千葉から代官山、今また表参道で独立を経て考え方は変わっています。

成長している実感もあります。

 

また起業のことで考えがまとまると、コーチの方にも良い影響が出たのも事実です。

 

一つの物事で深さを知っているからこそだと思います。

 

前回記事:洸洋型になろう

 

選手を見始めて3年目にようやく大きな結果を残せましたが、基本的な考え方は起業やトレーナーと変わりませんでした。

 

 

今の環境や、現状が上手くいかず悩んでいる人はたくさんいると思います。

 

 

安易に環境変えれば良いじゃん! なんてことは言えないけれど、変わったら変わったで適応するよ、人間ってそういうもんじゃない? と思っています。

 

今いる場所で本人が変わってないなと気づかない限りは変える意欲が基本的に発生しないので、今一度考えるきっかけになれば嬉しいです。

 

気づいたら、さっさと通信ケーブルを使ってその先で進化しましょう笑

 元宿主は泣きながら「返してくれー戻ってこーい」と言っています笑

 


まとめ

進化システムは人間に組み込まれていません。

だからこそ僕は何にでも可能性はあるのではないかと思っています。

 

コーチと上手くいかない選手。

ダイエットを失敗してきた人を何人も見てきました。

トップアスリートでもOLさんやサラリーマンが抱えている問題で根本は一緒です。

 

 

僕がアドバイスすることはできても結局宿主を変えるのは本人です。

 

 

コーチをするにあたり、僕は選手に「考えること」をかなり意識させています。

先にも書いた通り本人が気付かないと変化がないからです。

 

 

だからこそ言葉がけや言い方には、かなり注意しています。

 

ぜひ考えるきっかけや、参考になれば。

 

 

人は何百回だって進化できるぞーー。

…おや!? 永田の様子が…

 

 

ではまた次回

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA